×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最終教師(3)

最終教師こと学長・茶羽顔八の独裁により支配されていた最終学園に、あの白鳥雛子が帰ってきた。
雛子はかつて、帝王学園を支配しようと目論んだ茶羽を撃退した伝説の女子高生だった。
学園を支配しようとする茶羽と、平和を願う雛子の闘いの日々がまた幕を開ける!家族のことを鬱陶しく感じていたエリコは、自立の道を進むため一人暮らしを始めたのだが…。
 恋人や友達、家族、そして自分自身とのかかわりすら上手にできないエリコに、優しく、時には厳しく、大人の生き方を示すのが、彼氏の謙一。
 二人の恋愛を中心に、大学の友人やエリコの家族が加わり、やさしい関係が拡がっていく。
東京都世田谷区桜新町――。
ごくフツーの住宅地だが、国鉄民営化などに伴い、土地価格が高騰していた。
そんな土地でごくフツーの生活をしていた、ごくフツーの大学生佐藤正明。
土地価格の高騰を知り、土地を売ってあま〜い生活を送ることを夢見ていた。
しかし固定資産税支払いのため家は緊縮財政に。
更に、いい女と付き合うためにお金が必要となった。
そこで彼はある計画を練り始めた!!『日本の下層社会』は日本のルポルタージュ、社会学の古典として有名だが、その成立前後にまとめられた貴重な作品。
描かれている庶民たちは、高度経済成長期まで生きていたまさしくオンリー・イエスタデーの日本人の群像であった。
現代人にはまさに興味深い、日本の近代が創生されようとしたときの明治社会の風物や、下層者のいつわりのない実態にあふれた報告集。
書きたいという気持ちはあっても、書き言葉に表現するのはやさしいことではない。
自身の感激や思想をいかにして文章に表現するか……書きコトバに内容を定着させる技術を身につけるため実際の技法を中心に解説する。
感動や思想さえあれば書けるというこれまでの常識を変え、“書くという技”を上達させる書。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007800